note

小論文の文章構成

どちらかというと段落構成の話。かなり機械的なやりかたで文章の構築方法を教わったので、覚えておくと字数調整がしやすくなる。 一文が長すぎないようにするというのはよくあるノウハウだが、裏を返せば基本の文型をおさえておくということになる。英語の五…

小論文の構成

指南された時はいろいろなパターンを教わったが自分がハマったパターンは、結局よく言われる「起承転結」のパターンだった。おそらくこれに勝るものはないし、作文や小ではない論文、小説や脚本にも適用できる、よく出来た四字熟語だ。 とはいえ、いきなり起…

小論文の禁じ手

荷物を整理していたら受験生時代の資料が出てきて、もう要らないなぁと思いつつ、ノウハウとしてはちょっと残して置きたいと思ったので、多少オリジナルも加筆してデジタル化してみる。 自分は受験の時に小論文には随分助けられて、その後の大学生活や就職活…

数学の問題5

数学の問題4

数学の問題3

数学の問題2

積分を使って重心を求める問題。思いついた当時画期的かなと思ったけどいろいろ調べると結構出てくるのでオリジナリティは薄いかな。半球体の重心を求めるえぐい問題もあったりして。 Wikipediaにはいろいろな図形の重心一覧があったりして、便利な世の中に…

数学の問題1

ふと思い出したので昔のノートひっくり返したのですが、自分で作っておきながらさっぱり解けない。道筋は見えてるんだけど計算するのが面倒、みたいな。

Wedding Note : Account

お金の話です。 正直な金額はちょっと言いづらいので、全体を100としてざっくりと勘定してみます。 当時は他の方の事例がだいぶ気になったりしていたので、ご参考にしていただければと思います。 全体は結婚式と旅行のお金です。2次会はトントンだったので割…

Wedding Note : Design & Item

手をかけたものをつらつらと。 早い段階で、統一感を出すためのモチーフおよび色とフォントを決めました。 いわゆるデザインポリシーというものかもしれませんが、そこまでかっちりしてません。途中でマイナーチェンジはしています。 けれども、ある程度早い…

Wedding Note : Music

披露パーティで使用した曲リストです。 大きく分けるとイベント系とBGM系です。 イベント系は入退場とかに使用するもので、主に歌声が入ってたりインパクトがあるものにしました。 BGM系は逆に主張しすぎないもので、基本的には会話の邪魔にならないように歌…

Wedding Note : Schedule

結婚関連の諸々を残しておこうと思います。 まずはスケジュールから。他人のを聞くと参考になったので、書き出しておこうかなと思います。 またどなたかの参考になれば幸いです。 どこをスタートにすれば良いのか分かりませんが、(プロポーズよりも前に同居…

メモ帳から 42

※言い訳すると月ごとにまとめるのが困難になったのと、でも携帯のメモにはいろいろ残していたのでどこかでそれを書き出さないなといけないなと思った次第です。41ヶ月は続けてみたいなので、今回は42回目ということで。 ■なぐほ けりほ 殴り放題、蹴り放題 ■…

風の博物誌 その4

昔は、風と天気はひとつのことだった。 英語ではウィンドとウェザーという二つの単語を入れ替えても同じような意味をもった時期があったが、この関係は今でも「ウェザーヴェイン」のような名称に名残りをとどめている。これは「風向計」あるいは「風見鶏」の…

風の博物誌 その3

これはほんの一例だが、自然淘汰という観点からすると、進化途上のどこかで発現する天気の変化に対する意識的自覚には、生存に役立つ大きな価値がある。どこか虚弱なところのある人びとがまずれに気づくのは切り札が必要だからだろう。これがあれば出発から…

風の博物誌 その2

同じ天候変化のもとにおかれた二人の人間でも、あるいは同じ人でも時間が異なれば、反応が違う。逆に二種類の異なる天候変化に同じ反応を示すこともある。未来の反応は直前の事態に規定される。これが初値法則である。 天気に対する感度というものがあるとす…

風の博物誌

何か見えないものに、木を揺すって不思議な音を立てるものに気付くこと―それが風の体験である。風は大海を猛り狂わせ、壮大な雲をむくむくと立ち上がらせ、砂漠を腕にかかえて運び去る。だが人間には直接、親しげに交信してくる。人間は風の作用を体の奥深く…

11月のメモ帳から

■風力発電の可能性 なんかのメディアで、風力発電は原子力発電と比べてトータル的に費用対効果が高いと聞いた。 確かに原子力発電はリスクは高いし、半永久的に運営しなければならないし、廃棄物の処理も最適な方法が見つかってない。 風力発電の有効性は理…

10月のメモ帳から

研究ばかりのメモになってきた ■場所性 たとえバーチャル上の情報だとしても、ローカルで編集された情報には場所性が必ず付くのではないか。あるいは情報を編集したユーザ自体に場所性が付加しているので、多少は付加できるのでは。 ■コミュニケーション メ…

9月のメモ帳から

■猫背の原因 いろいろあると思うけど1つ分かった。 車とか電車とかで、どうにもコーナーに座りたがる癖があるようで、上からみると婉曲してしまう。 んー、昔から隅っこが好きなのだ。 ■9/8の夢 鼻血でベッドが真っ赤になる夢を見た。ちなみにTシャツに血が…

8月のメモ帳から

■漆黒の空 田舎に帰った時にちょうど夜で曇り空だった。街灯も少なければ家の灯りもほとんどないので、本当に真っ暗闇だった。とにかく深い黒だった。 ■ジャーナリズムとアート 「アンリ・カルティエ=ブレッソン知られざる全貌」という写真展をみた。この人…

7月のメモ帳から

たいしたこたぁない ■角砂糖 立方体よりもいびつな方がおしゃれ系に思われるのがどうも腑に落ちない。 ■もんやり 「もやもや」「もわもわ」している様子 ■くさい 「処女くさい」とか「童貞くさい」とか実際にある気がする。ある朝、中高生のラッシュ時のバス…

10月のネタ帳から

※実はネタ帳が切れてしまい、後継のノートを捜索中です。 ■スケール軸と時間軸の関係 よく言われていることだけど 実世界のスケールが大きくなればなるほど、時間軸も大きいスケールになる。 それは人間の移動時間と距離の関係と一緒。 数センチ・ミリ単位の…

9月のネタ帳から

■責任の所在 長い目で気になっている事があります。 それは、タイのクーデター。 報道では国民が国王への甘えがあるとか、真の民主化は遠いとかありますけど 流血がないので別にそうでもないかなと思ったりしています。 民主主義でも立ちゆかなくなることも…

8月のネタ帳から

■丸ビル、発毛。 腕に毛が生えてぴんぴんと引っ張る商品のプロモーションの一環として、考えてみたんだけど。 ビルに毛が生えたら、さぞかしインパクトがあるだろうなと思った。 100人ひっぱっても大丈夫!みたいな。 ■バランスよく考える 「考える」とき…

7月のネタ帳から

ネタらしいものが何もない。。。 ので、自分の最終発表特集。概略だけ。 あと感想。 ■日常の中の非日常と非日常の中の日常 前にも書いた気がするけれど、エンタテイメント理論としての提案。 「日常の中の非日常」については従来のドラマでよく用いられるセ…

6月のネタ帳から

デザインやらに関係するメモ書きと、人生に関するメモ書き。 ■基本要素と変質要素 基本要素は制御できる。 変質要素は制御しにくい。 ■パラメタ調整と組合せ的概念形成 パラメタ調整は表現形式を固定して、パラメタを調整していく。 その表現形式は既存の概…

5月のネタ帳から

今月は風単語特集 風についての分類と、気になる単語。 風:空気が(広い範囲を)流れ動く現象。 1.気の動き。かぜ。かぜふく。 2.なびかせる力。教えなびかせる。おしえ。 3.慣習。ならわし。様式。 4.1.様子。形。ふり。見かけの姿。 4.2.様子。おもむき。…

4月のネタ帳から

■隅 あるコンペのテーマですが。あまり良い案がなかったので。 隅を隠す 何かを置く:ありきたり 隅を消す 10cm幅くらいの鏡を置く。 奥行きがあるように見えるはず。 天井に貼れば天井が浮いているように見える? 中心にあったものを隅に置く 照明くらいか…

3月のネタ帳から

■人と物をつなぐテーブル 「食」のアイデアとして。 従来の問題点とはセンシングと電源がある。 ↓ 移動する人や物には電源駆動ではない、パッシブ型のタグを付ける。 テーブルやら、大きい家具、あるいは空間全体に 電源が必要なセンサーやらアクチュエータ…