review

本「水使いの森」

半分ジャケ買いだったのですが、3部作の「幻影の戦」「叡智の覇者」を少しずつ読み進めてようやく読了。いろいろ感想はあるものの満足度は高いものだった。 まず、感じるのはゲーム特にファイナルファンタジーの影響で、予想通り2巻目の解説で明らかになる。…

中学受験を考える

昨年末頃、長男が「中学受験をしたいかも」と言い出し色々調べてみたり考えてみた。 先に結論としては受験はしないことになったが、せっかくいろいろ考え整理したのでメモ書き。 彼が志望したのは公立の中高一貫でなにやら友達が受けるからと感化されてのこ…

舞台「ハリーポッターと呪いの子」

少し前にプレ公演を観劇してきました。休憩を挟む長めの舞台は初経験。あと、初・生・藤原竜也でした。 感想を下記にいくつか。 ステージの大きさは狭そうな印象だったけど、いざ始まると大きすぎず小さすぎず。ちょうどよかった最初の組み分け帽子の演出に…

なんだかスパイダーマンにはまる

多分きっかけはコロナ禍だったと思う。インドアの時間が増えて、ちょうどセールで売っていたPS4のスパイダーマンを買った。それから少し放置していて、前後してスパイダーマンの映画をいくつか見る。たしかAmazingの方だ。2まで見て次の動きに躊躇する。とい…

朝ドラ「おかえりモネ」

「半分、青い」「なつぞら」辺り以来の完走でした。期待通り。そして、美しいドラマしでした。ストーリーもキャストも音楽も完璧だったんじゃないかと。 まずは音楽。BUMP OF CHICKENと高木正勝は極上。まず聞き飽きない。要所要所でかかる曲は坂本美雨がボ…

東京オリンピック2020・パラリンピック2020雑感

開催には半分以上賛成だったけれど、いろいろあって、総じて残念なイベントになってしまったなという感想になった。なんともしょっぱい。 ケチのつけ始めはどこからだろう。 1つは開催時期。64年の時も「日本の夏はないだろう」となって秋になった(いだてん…

変わりつつあること

気がついたら11月。例年どおりの年末年始にはならなそうですが、5月にチェックしたことをアップデート。 歩数 夏は完全引きこもりでしたが、少し出社回数を増やしました。TDLや映画を観に行く機会も増えてきたのでその影響もあり。とはいえ、昨年比だと半分…

映画・本「水曜日が消えた」

これも随分前に、観たよ・読んだよという記録。 妻の薦めで、映画→本の順で。ジャンル的にも演出的にも、空気感も好きな方で、かつ新鮮味のある色合いだったかなと。そこまで奇をてらっているわけでもないけれど、コントラストと彩度の調整は好きな方でした…

本「事を成すには、狂であれ ─ 野村證券創業者 野村徳七その生涯」

読んだよ。という記録です。とあるきっかけで、感化されただけですが。 野村證券やりそな銀行の前身というか源流の話。現、野村證券の再興はそれはそれで面白そうだけど、仕事に活かせるかはともかく、その前の歴史モノとして面白かったです。 野村徳七につ…

本「PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話」

Prime Reading (Amazon Primeの特典)で読めたので、気になる企業であったのでつい手にとりました。 筆者はピクサーのCFO兼社長室メンバーだったローレンス・レビー。ドラマティックなエピソード満載なので印象的だった部分だけピックアップするけれども、本…

変わり始めたこと

たぶん38歳になりました。いろいろ衰えを感じる今日このごろですが、なんとか元気になってます。 在宅勤務が本格化していって、変わったことは何かなと思い、まずは定量的に計測できるところから確認したいと思います。 歩数 時々散歩はしているものの、かな…

本「予測の達人が教える経済指標の読み方」

今の会社の入社当時、経済予測をするチームに配属され、予測の見習い・手伝いをやっていたのですが、その頃の知識のアップデートという位置づけで手にとりました。とはいえ、予測の考え方や手法の本筋はあまり変わらず。 経済全体の関係性を捉えるには良書か…

本「ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール」

読んだよっという記録。会社の同僚に勧められて読んだのですが、半分以上は知らない話だったので面白かったです。 1/3くらいは知っている指標だったり理解できる内容だったので、過去の仕事も一応身になっていたのかなと。 米国目線だったり(例えば労働力の…

生みの苦しみとさみしい国の人(半分青いの考察)

なんだかんだで朝ドラの半分青いの鑑賞を完走できました。 賛否両論あったようですけど、個人的には気に入っていたし、飽きさせないドラマだったと思います。 印象的だったのは2つか3つ。 クリエーターとしての「生みの苦しみ」を充分に表現できていたこと。…

ロシアW杯総評

自分が観てきた中でこれほど心動かされた大会はなかったと思う。そういった意味では感動したわけだけども、「感動をありがとう」とはならないし、ベルギー戦の敗戦は今だに悔しい。ベスト8に届きかけたあの数分間は至福の時間であったし、数分後には打ちのめ…

本「オーダーメイド殺人クラブ」

入院中にさくっと読了しました。(入院の話はまた今度) ちゃんと辻村さんの作品(長編)を読むのは初めてで、特に前提知識はなくさくさくと読み進めました。 最初はただならぬ雰囲気を感じながらハラハラしましたが、読み終えた時にはなんという多幸感。(…

親の気持ちと子の気持ち

最近は何事にも親目線で見てしまうことがあり、結婚式に出てもついつい親の視点で見つめてしまう。 30代に入ってから、親世代の不幸を聞いたり、逆に子どもの誕生報告を聞くようになった。 その度に死生観を見つめなおす時がある。 自分は子どもも生まれ、父…

テレビ「烈車戦隊トッキュウジャー」

久々にハマったといいますか、戦隊物としては初めてハマりました。 存在は一応知ってはいたのですが、息子が電車好きということもあり、ずぶずぶにハマってしまうと色々大変そうだなぁと思い、最初は避けていたわけです。しかしながら途中(6号が新たに仲間…

本「昨夜のカレー、明日のパン」

ドラマの最終回を見て思わず涙してしまったので、妻が買ってきた本を一気に読んでしまった。やっぱり心の中で泣いた。 木皿さんの作品はどれも同じような所で涙の琴線に触れることが多く、それはおそらくは死生観というか、死者あるいは抗いがたい時間、もし…

ブラジルW杯総評

既に記憶もおぼろげなのですが、なんとももどかしい内容と結果になってしまいました。 ザックJAPANについていうと、奇しくもドイツW杯をなぞるかのような内容と結果でございました。調整不足・経験不足・実力不足とないないづくしなのですが、強いて良かった…

W杯メンバーについての雑感(2014)

事前に予想していたメンバーとは3名違っていました。 細貝→青山 工藤→齋藤 豊田→大久保 それがサプライズといえばサプライズ。印象としてはバランスを崩して勝負に出たなという感じがしました。(高さは捨てて、ポゼッションとカウンターで行くよ) テストマ…

ソチオリンピック雑感

あまり最初から期待していなかった分、とても楽しかった五輪でした。ロシアの勝手なイメージとしては灰色で曇り空で、ぱっとしない印象でしたが、特に開会式と閉会式はとても魅力的で、そういやバレエもサーカスもデザインも元々有名でしたよねぇと思った次…

雪が積もった

関東にきてから記憶にないくらい2週続けて雪が積りました。雪国出身者的には雪が積もる光景は見慣れてはいるものの、2月14日の積り方にはちょっとびっくりしました。その日は深夜まで仕事でタクシーで帰宅したのですが、終始スリップしており、死の恐怖を時…

今年のJリーグは面白かった

まだ天皇杯がありますが一区切りついか感じがしたので。 といっても全試合観たわけでもないし、ましてや観戦したわけでもないのですが、贔屓にしていたチームや選手が活躍したということで、最後は残念でしたけども満足度は高かったかなと思います。 お気に…

お盆の過ごし方

実家はいわゆる本家のようなもので、夏やお盆になるとサマーウォーズほどたいそうなものではなかったけれども親戚が一同に介すのが慣例でした。今は代替わりして、自分の立場としては分家になったので、参上する側になった訳だけども、盆暮れがあまり関係の…

ロンドン五輪サッカー雑感

結果としては男子は4位、女子は2位となりました。 男子は開催前はGL突破すら不安視されてましたが、蓋をあけてみればあれよあれよと勝ち進み、まさか3位決定戦で日韓戦になるとは夢にも思いませんでした。残念ながらメダルには届かなかったですが、前評判を…

生きていくことは食べていくこと

息子が6カ月になったところで離乳食を開始しました。 いつまでも母乳だけという訳にはいきません。ほとんどお湯のような粥を口に少しずつ運ぶのですがなかなかうまく食べることができません。生まれてすぐに咀嚼できる動物たちとは違い、とにかくこれは練習…

WEB制作の心得

WEB制作における心得というかポイント。 WEB以外にも置き換えられますけど、まぁシステム周りからデザインまで網羅的な分野が関わるということでWEB制作ということにしておきます。社会人になるにあたって1つテーマとしていたことは、WEB制作全般に関して受…

サッカー五輪代表選考雑感

FW以外は大きなサプライズはなかったかなぁという感じでした。 黒い噂ではアディダス枠だったんじゃないかとかささやかれてましたが、たぶんセレッソメンバーが多いということと、高さと、最近の調子の良さから杉本を選んだなのかなと思います。とはいえいき…

五輪代表選出の雑感

トゥーロン国際を見てだいたいの序列ができたんじゃないかなと思いつつ、選手選出の雑感です。 基本的にはOAはなしの方向で。 ・GK GKに関しては権田がほぼ確実かと思われます。東京FCでもレギュラーだし。控えは順当にいけば安藤かなと。他に居ないというの…