遺書は告白

※なんか危なそうなタイトルですけど、そういう思想とか願望があるかといったら、無きにしも非ずなのですが、むしろ最近は落ち着いている方なので、気にしないでください。 英語で遺書は「will」なんだそうです。 「will」→「意志」→「遺志」なんだろうな。 そんな未来系。自分のいない未来を想像してみませう。 「遺書はラブレターみたいなもんだ」とどっかの誰かが言ってました。 あぁ、なるほど。 お話の中で遺書は想像して書いてみたけれど、どうもいい訳くさくてあまり気に入りませんでした。 特に辞世の時の遺書なんて、それを正当化するのに必死だったりします。 ちゃんと遺書を書いてみよう。そう思って書いてみました。(辞世バージョン) 内容はさすがに載せられませんが、 家族や友人たちへの謝罪と感謝の言葉だらけになっていました。 涙まで流してしまうし。 おそらく、その内容は彼らに対する告白なのです。 私は告白したいこと(すべきこと)を飲み込んでしまうほうなので、やたらと遺書が長くなったような気がします。 なんか未練がましい。潔くもない。 こんな状態では、ある意味、辞世する事なんて赦されないんでせう。