60歳還暦

知り合いが60歳の還暦になり、そのお祝いパーティに行ってきた。 知り合いといっても大変お世話になった方で、東京での父のような存在の人だ。 (人に説明するときに説明しにくいので「知り合い」と言っている) 人の人生は紆余曲折あっていろんな絡み合いがあって 60歳でいろんな年代の方々に祝われて、なんて幸せな方だろうと思った。 「早くに亡くなった人の分まで僕は生きるよ」 そんな最後の挨拶で涙しそうになった。 父と母の還暦の時はちっともお祝いとかできなかった。 いいわけをすればそんなことできる状況じゃなかった。 罪滅ぼしかのように、いろいろなお祝いにプレゼントをしようとのたまわっている。 そろそろ、父のことも整理しなきゃいけないと思った。