映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

冒頭のダンサーたちのインタビューからして、もう涙せずにはいられません。 映画のメイキング特典映像を見ているような感じでしたが、普通であれば早く完成したモノを見たいと思わせるような構成でした。 でも、もう完成はないわけで、そのジレンマがしつこく涙腺を刺激するわけです。 少し残念だったのが観客というか箱に恵まれなかったこと。 1曲終わるたびに拍手したかったし、リズムも取りたかったけども、まったくそういう空気になっていなかったのです。場所によっては観客も一緒に盛り上がったそうですけども。。。 DVDかBDが出たらぜひとも買いたいと思いますが、この手の映画(コンテンツ)はパッケージングしないこともあるので、ちょっと不安です。(パンフもないし) あと個人的にはギターの女の子がカッコよかったです。