映画「借りぐらしのアリエッティ」

率直に面白いと思いましたし、好きな部類に入る映画です。 ですが、ほかの人にまでお勧めするかと言われるとやや躊躇します。 子供たちには見てほしい映画ではありますが。 アニメーションは流石といったところでしょう。 リアルじゃないとか、突っ込みどころ満載だとかいう批評がありましたけどあまり的を得ていません。 これは童話であり寓話なのですから。そもそもある種のリアルをアニメーションを求めるのはナンセンスで、それならば実写でやればいいわけですし、この映画での重要なのは非現実世界での日常性が感じられるか否かです。彼ら彼女らの生活感を醸し出すために、前半はじっくりと生活のリズムを描いています。そしてそれを表現するアニメーションは流石だったと。 気になるのは、ジブリのこのスタイルがある程度定着しそうなのかなという点です。 印象としてですが、「宮崎・高畑の後継者はこいつだ!」みたいな気負いがあまり感じられませんでした。なので巨編大作を期待していた人にとってはアリエッティは小粒な感じだったでしょうけど、安定してこのクオリティが制作できるのであれば、名監督がいなくてもある程度売れる作品が供給できるようになると思います。(「ある程度」の限定つき) 個人的には好きなんですけどねぇ。外した感が否めないのが残念。