次男が生まれ、しばらくして母が逝った

次男誕生の一報は母の耳に入ってなんとなく分かったらしい。 次のお見舞いに写真や動画でも見せようと思ったが、それまでもたなかった。 まるで次男の誕生まで待っていたかのようだった。 倒れた時から覚悟はしていたものの、諸々と作業が終わるとじんわりと重苦しい気持ちになる。 とはいえ5年や10年とリハビリや介護が続くよりはと思うと、少しホッとした感じもする。 なにより父や祖父母の元へと行けるのであれば、現世よりは寂しくないかもしれない。とも思った。