2023年振り返り

今年は映画やドラマを例年よりよく見た気がする。

  • 大河ドラマ「どうする家康」
    • 今年も完走。賛否両論あったものの最新の研究を踏まえた解釈と、脚本の妙技に感心した。長男も完走し歴史に興味がでたらしい。
  • 朝ドラ「らんまん」
    • こちらも完走。久々の男性主人公。実際に身近に居たら距離置いちゃうだろうなと思いつつ、演出のおかげでそこまでストレス無く見れた。
  • 夕暮れに、手を繋ぐ
    • 久々の北川さんの痛々しいドラマ。北川さんの脚本はいつもグサグサくる。良い意味で。単なる恋愛ものではなくで、自分の力との向き合い方、仕事の向き合い方、生き方を問いかけてくる。この歳になっても考えさせられる。
  • VIVANT
    • 世間の盛り上がりにつられて視聴。今までの日曜劇場のごった煮のよう。
  • だが、情熱はある
    • オードリー若林と南海キャンディーズ山ちゃんの悲喜こもごもな半生を描いたドラマ。どちらかというと若林より。こういうドラマはあまり面白くなくなる印象があったけど、ストーリーが進むにつれて現実と虚構がごちゃっとなったのが良かった。中でもM-1敗者復活戦のシーンでフル尺の漫才のクオリティが高くでびっくりした。
  • ブラッシュアップライフ
    • タイムリープものだったけども設定落ちにならず新鮮な展開だった。主人公たちと同年代ということもあって、懐かしさもあった。

映画や特筆したいのは割愛。

長男と次男が同じ学校に通う最後の年。運動会や音楽会など一通りイベントは無事終えられて良かった。長男の方は小学校最後の年ということで、なんとなく思い出づくりに力を入れていそう。楽しそうに登校しているのがなによりも良いかな。次男はそろそろ勉強時間を増やしていく感じ。

仕事の方はいうと春から完全に現場復帰したものの半年くらいリハビリ期間のようだった。これからもうちょっと頑張る。頑張れる。

英語の方はぼちぼち続けていて、TOEICはなんとか目標の最低ラインは超えた。まだ伸びしろがあると考えればもうちょっと頑張るのを続けてみるかも。

趣味は再開できず。定期的に自作の曲を聞きたくなる時期が相変わらずやってくる。手持ちのiPadDTMっぽい事ができることが分かったので、何かするかも。それかやはり単純にプレーしたいから鍵盤が欲しい気もする。